8月末日のティアお待ちしております




更新履歴

8/29
「トップ」更新


同人誌・イベント情報

◎ コミティア109 へ14a
◎ 『夜参り村(下)』下のリンクから委託販売中!



◎ 同人誌の電子書籍の購入は こちらから!


お仕事情報

◎ 携帯コミック「泥酔姦〜エロい肉体をお持ちかえり〜」第2話配信
◎ 携帯CGノベル「【速報】宇宙からのチン略者〜地球人♂×♀ハメまくり交配実験〜」全8話一挙配信


単行本・電子書籍情報

◎ 1st〜7thコミックス、好評発売中!! ポチってね♪


◎ 携帯コミックのWEB配信はこちらへ。


◎ コミックス、短編の電子書籍の購入は こちらのリストから!



近況・戯言
8/29

取り急ぎ、コミティアの告知です。

ツイッターの方で詳しく書いてありますが、諸事情により13時には撤収します。時間の都合もあり、色紙などはご遠慮させていただきます。新刊はありませんが、若干部数ですがサイン本と、テイクフリーのペーパーがあります。ご用の方は是非お早めにおいで下さい。よろしくお願いしますm(_ _)m
8/21

コミケお疲れ様でした。

ま、私は行ってないんですけどねw 親戚のイベントが豪快に重なった御陰で、10連休とかとんでもない事になりました。あちゃ行ってこちゃ行って、結局肉体的には休みらしい休みにはなりませんでしたが、仕事から離れられただけでありがたかった。リフレッシュしたので、秋以降も頑張ります。

秋ティアと、冬コミの申込は済ませました。秋ティアでは新刊を持って行くつもりで作業しています。その前に、夏ティアですね。新刊はありませんが、イラストサイン本は新規書きおろしにて持って行きます(秋ティアの頃には手元の在庫が切れそう)……お楽しみに!
8/9

夏バテしてます。

毎年この時期になるとクーラーで体調をぶっこわします。でもクーラー付けないと熱中症になっちまうし、パソコンも逝っちまいます。難しい季節です。休暇を捻出するために、最低最悪な体調の中、仕事前倒しでやってましたが、なんとか終わりました。ふう……。

「水木しげる伝」を読んでからずっと水木先生にどっぷり浸かってます。小学生時代にドラマで見たキオクが残っていた「のんのんばあとオレ」は……無人島に持って行くべき漫画リストに入りました。水木先生が幼い頃、妖怪の話をして可愛がってくれたという”のんのんばあ”とのふれあいを中心に描かれる少年時代の物語。絶品の点描に彩られた絵も綺麗だし、戦前の少年達の闊達な毎日が、とても刺激的。その中で、初恋の人が亡くなった小学生の主人公(=水木先生)にかけるお父様の一言は、シンプルながら痺れる名台詞。こんな粋なセリフをさらりと言えるオッサンになれたらなぁ。

「その悲しみは宝物だ。 ええ思い出をもらったな。」



じゃ、ちょっと旅に出ます。晩夏の頃、ビッグサイトでお会いしましょう。
8/2

お暑うございます。

皆さんはどんな夏をお過ごしですか。大瀧詠一さんの「A LONG VACATION」をBGMに久々の駄文をお送りします。

8月になっちまいましたね。夏好きの白石ですが、特に、7月中旬から下旬にかけての「これからが夏本番だぜ!」という期間が一番好きで、仕事なんかほっぽってどこかへ遊びに行きたいのですが、例年のごとくこの時期が一番忙しく、大体何処へもゆけないのです。それでも、今年は無理に時間を作って旧友と飲んだり、BABYMETALのイベントに行ったりしました。満足です。夏コミも落ちた事ですし、残りの夏はロスタイムです。

夏コミは……残念でした。ここ何年も出てないような気がします。しかし、受かっていても冠婚葬祭で欠席することになったので、結果オーライです。夏・秋のティア、そして冬コミでお会いしましょう。秋のティアないし冬コミでは新刊を作ります。お楽しみに!

久しぶりの拍手レス……

>最近白石なぎさ先生にはまったものです。きっかけはママだって!セーラー服の「セーラー服に謝れっ!」のコマをネットでみかけて面白そうな作者だなと思ったのでw

ありがとうございます。随分と初期の画像を見たんですね。最近はそんな作風でもないんですが、よろしければ、執筆順に最新のモノまで追いかけていただけると嬉しいです。

というわけで最新の仕事情報も上げておきます。



携帯コミック「泥酔姦〜エロい肉体をお持ちかえり〜」第2話配信になりました。このシリーズ、編集側が着色してフルカラーでの配信になると聞いていて、実際第1話はカラーなんですが、第2話は私の仮仕上げのモノクロのまま配信になってます。どういう事なんでしょう。



携帯CGノベル「【速報】宇宙からのチン略者〜地球人♂×♀ハメまくり交配実験〜」全8話一挙配信になりました。内容は……タイトルが全てですねw 最近の携帯コミックの読者傾向として、モノクロよりもカラーの方が好まれるのだそうです。あ、これはコミックじゃなくてCGノベルですが、これまで「学期末ヴァージンレポート」や「夜参り村」を一緒に作ってきた編集部と組んで、秋以降も新しい試みをしていきます。

他にも、水面下で某出版社と折衝中です。年内には形にして出せると思います。


前回の更新で、佐藤まさあき先生の自伝をご紹介しましたが、その中に水木しげる先生のお名前があり、水木先生サイドからも、貸本時代のエピソードを読んでみたいと思い立ち、関連書籍を買い求めました。



「水木しげる伝」全3巻……貸本時代の苦労話を目的に読み始めましたが、結果的に感銘を受けたのは多感な少年時代から、太平洋戦争へいくあたり。戦争で左腕をなくされているのは有名な話ですが、現代日本に、水木先生のような壮絶な大変をしている若者はいないでしょう……しかし、それを悲劇ではなく喜劇にして描いてしまうあたり、先生の手腕に唸るところ。ちょうど8月で、戦争について考えることも多くなるこの頃。70年前の夏に思いを馳せます。水木先生の最高傑作は、水木先生ご本人だ、と述べた方がありましたが、まさにその通りと納得しました。こんな面白い自伝漫画は他にないです。オススメです!

貸本時代のエピソードは、むしろ奥様の御著書「ゲゲゲの女房」の方が詳しく描いてある感じでした。奇書として有名な「貸本版 悪魔くん」に関する記述もあり。その辺の情報も込みで読むと、さらに味わい深く感じられます。

私にとっての水木先生は、コミックボンボンで連載していた「最新版悪魔くん」「最新版ゲゲゲの鬼太郎」の作者で、それ以上でもなかったんですが、ココに来て、もっと深く読んでみたいと思うようになりました。さしあたり、数ある自伝的作品から追いかけていこうと思います。
7/4

最後のエンクラのアンケートが届きました。

作者コメントで「さらばエンクラ!」とか大げさに言ったのもありまして、私のエンクラ離籍を惜しむ声が聞こえました。ありがとうございます。立つ鳥跡を濁して行きます。またご縁があれば、載ることもあるかも、ないかも知れません。そんな世界です。

最近、佐藤まさあき先生の自伝を二冊読みました。さいとう・たかを先生と並び、貸本時代から劇画という文化を創った大御所です。今の人にはあまり知られていませんが……。

二冊とも、滅茶苦茶面白かった。手塚治虫先生や、水木しげる先生などなど、色んな大御所の名前が出てくるので、佐藤先生を知らずとも、漫画史に興味のある方は面白く読めるかも。一冊は劇画家としての自伝。もう一冊は女ったらしとしての自伝(笑)。二冊読んで初めて、点と点が繋がる感じ、行間が埋まる感じ。

若い頃は希代の美少年で、精力的に月産ん百枚とかこなしながら、これまた精力的に1000人斬りみたいなことをやってたってんですから、精液の量が尋常じゃなかったんでしょうね。もうお亡くなりになってますが、ひとの倍以上濃い人生だなあと嘆息を漏らしました。後者の方、これまでハメてきた女性を、実名と顔写真を載せて、その味わいをいちいち細かく描写してるんです。中には、同意を得ていても犯罪になっちゃうお年頃の子も……。いやぁ、一時代を作る人は本当に凄い(面倒くさい人だったんだろう)なぁwww



寡聞にして、「野望」とか「ダビデの星」しか知りませんが、そのインパクトは壮絶です。前者は古き良き時代のハードボイルド劇画。後者は残虐な強姦劇画。佐藤先生の人生経験が存分に活かされたこの代表作二作は、今でも割と手に入りやすいかも知れません。リンク貼っておいてなんですが、オススメはしませんww


6/7

ご無沙汰してます。やっとこさ5月からの仕事が終わりました。まったり更新します。

コミケの当落がでてました。落選ですorz ま、しゃーないです。代わりじゃないですが、コミティア109には出ますので、是非いらして下さい。残念ながら、新刊は冬コミになりそうです。

エンクラ7月号に新作、「情婦」が掲載されてます!



巻末のコメントにも書きましたが、今回でエンクラ掲載最後です。この「情婦」と前回の「性徒会長ご覚醒」は単行本にはならないと思うので、是非雑誌を切り抜いてご所蔵下さい。

内容に関しては……最後の最後と言うことで、思いっきり拳を利かせて好き勝手描きました。もうアンケート気にしたりしなくて良いですからね。こんなネームを通してくれた編集さんに頭が上がりません。ネームを読んだアシスタントさんには、鼻で笑われましたww 単行本のプロモーションも兼ねた「性徒会長ご覚醒」とのギャップw

山田に始まり、山田に終わる。ラストはハッピーエンドなのかそれとも? 是非ご覧下さいませ。

これにて説教野郎はエンクラから消えます! あ、この説教野郎っていうニックネームは、数ある成年コミックの中からエンクラだけを定点観測し続けるとあるブロガーの方が付けて下さったものです。貶す意味も入っているんでしょうけれど、個人的には大変気に入っていました。毎回厳しいダメだしありがとうございました、さようなら (・ω・)ノシ

ついでに言うと、白石なぎさも暫く紙媒体から消えます。今後は電子媒体がメインになります。水面下で色々作業中。逐一情報上げていきますので、今後もよろしくお願いします!